ブログトップ

一人で稼ぐためのスキル

SEO対策とレスポンシブ・デザインをこの一冊で解消



ポイントを抜粋
レスポンシブ・デザインの基本はhead部分に1行追加するだけで対応可能です(8章より)
後は貴方が作成するサイトの頁構成で多少変わりますが、スマホ表示を意識すれば理解は早いです。
この事に関しては雛型サンプル作成の実例やサンプルサイトの閲覧でサポートしています。
ブラウザの対応(インターネット・エクスプローラー:IE)も当然ですが記載しています。
( しかしサポートが終了したIEと16年1月に終了するIE8に関しては除外 )
一番悩む タイトル の設定(5章より)
多数のサイトで重要性が書かれていますが実行しても変化が現れないのでは?
キーワードは左側とか、羅列は禁止とか、同一キーワードの重複は意味がないとか、
文字数は全角で32文字を目安とか、サイト名は入れる?入れない?とか、
原則1頁1テーマとか、自然な文体とか、他にも色々ありますね。
これらは間違ってはいませんが重要な事が抜けています。
これらはあくまでもタイトルの形式を書いているだけなので、キーワードの順番を入れ替えても
検索結果に大きな変化は現れません。
本商品でもこの形式に関して詳しく説明をしていますが、重要な事も記載しています。
本商品のコンセプトは無駄な時間を削減する事です。この形式に時間をかけてはいけません。
キーワードは何個準備する必要があるのか?(5章より)
戦略的には多数必要です。
しかし重要なキーワードは2種類までで、それ以外は絞り込み用のキーワードを多数準備します。
その為、本商品では重要なキーワードを「重要検索ワード」と表現し、絞り込み用のキーワードを
「3番目の検索ワード」と表現する事で読み手が混乱しないよう配慮しています。
meat name=”keywords” は重要なのか?(6章より)
空欄でも構いません。つまり重要ではないが、入れる場合は重要検索ワードの2種類。
キーワードの出現率は気にするべきか?(9章より)
1,000単語の頁と400単語の頁で比較して下さい。
パーセンテージを気にして同一の数値に無理矢理する意味は無いと考えます。
一番重要なのは頁の内容です(2章、9章より)
ユーザーに配慮した内容が一番重要です。
当然ですがスパム行為はサイトを不利にしますのです絶対行ってはいけません。
重複内容、他サイトの複写、写真多用等も不利になります(対応方法は記載しています)
上記を考慮し検索エンジン(クローラー)に対して有効的な内部対策を実践しましょう。



>>>SEO対策とレスポンシブ・デザインをこの一冊で解消












[PR]
by kn1945 | 2017-07-05 20:27 | SEO対策 | Comments(0)

一人で稼ぐためのスキル