ブログトップ

一人で稼ぐためのスキル

The Million Writing




このライティング教材はとにかく物凄い“密度”です。


そもそもコピーライティングは「商品を売り込む為の文章テクニック」と限定されるものではありません。


物事を伝え、理解してもらう事においても、優れたコピーライティングのスキルは大いにその効果を発揮出来るものなのです。


だからこそ、この教材マニュアルには彼から叩き込んでもらったライティングのスキルをふんだんに活用し、あなたに1つ1つのノウハウを渇ききった真綿のように吸収し、モノにしていってもらう事を第1に考えました。


まさに面白いほど、そこに書かれている1つ1つのノウハウが「スッ」と頭の中に入っていく、そんな内容になっているはずです。


そして何度読み返しても新たな発見がある。


そんな“重みのある教材”になっていると思うのです。


ページ数は約200ページほど。


人によってはこの200枚のテキストが、人生そのものの教科書になると言っても過言ではありません。


まずはその章立てと目次を紹介させて頂きます。


序章 新時代のコピーライティング
・コピーライティングとは ..........................................................14
・コピーライティング新時代の幕開け.............................................16
・コピーライティングを学ぶ理由とその価値.....................................18

第一章 成約の原則
成約の取れるコピー、取れないコピーの原則
・成約の“取れる”コピーとは........................................................23
・成約の“取れない”コピーとは......................................................24解り易い文章と解りにくい文章
・解りにくい文章の構成要素とは...................................................28
・解り易い文章における文法の法則................................................29
・解り易い文章における言葉の法則................................................33
・解り易い文章における構成の法則................................................36主張、メッセージの一貫性
・成約の取れるコピーに共通して備わっている要素.............................42
・説得力のある一貫性の強い文章の原則..........................................43イメージの重要性
・人が反応してしまう文章の原則...................................................46
・イメージしやすい文章の原則.....................................................48

第二章 人間心理の原則
■コピーライターが超えるべき心理の壁
・コピーの成約要因に基づく3つの壁.............................................57
・1つ1つのコピーに意識すべき3つの目的.....................................58■興味・関心を引き出すコピーの原則
・ヘッドコピーにおける2つの原則................................................60
・興味を引き付ける7つのキーワードコンセプト................................64
・理由付けの原則.....................................................................66
・イメージ画像の目的と落とし穴...................................................68
・興味の“拡散”と“集中” .............................................................72
・購読への段階層.....................................................................77
・サブヘッドコピーにおける7つのポイント.....................................79■共感・信用を勝ち取るコピーの原則
・共感・信用を作り出す4つのファクター........................................89
・デメリットの公開と信用性........................................................94
・反論と信用性........................................................................96
・保証と自信...........................................................................97
・権威...................................................................................98
・ストーリーテング...................................................................99
・客観的資料と証拠.................................................................101■読み手を行動させていくコピーの原則
・読み手を行動させる2つの原則.................................................107
・希少性と緊急性...................................................................108
・損失の恐怖と疑似体験...........................................................109
・効果的な“引き”のテクニック....................................................110
・商品のメリットを最大限に引き出すテクニック..............................111
・客観的事実からYESを引き出すテクニック.................................113■心に響き続ける言葉の法則
・一貫性の原理......................................................................117
・集団帰属欲と行動................................................................119
・ワンパーソンの法則..............................................................122
・欲求へのアプローチと成約......................................................123
・感情の振り幅と成約..............................................................127
・追伸の4原則......................................................................128

第三章 成約率を決定付ける2つの前提要因
リサーチとターゲッティング
・リサーチの重要性................................................................139
・顧客対象を絞り込む2つの方法.................................................140
・ターゲッティングの注意点......................................................143切り口と展開
・切り口と展開.....................................................................146
・成約率を左右する6つの構成...................................................151
・展開の方向性.....................................................................157
・“→0”と“0→”の判断要因......................................................159

第四章 コピーライティング
コピーライティング
・コピーを構成する4つのブロック.............................................167コピーライターとしてのマインドセット
・最高のコピーを書くき上げていく為に........................................177
・自己投影と客観視................................................................178
・マインドキャンパス.............................................................179
・コピーライティング力を高める3つの方法..................................180Special contents
・44項目のチェックシート .....................................................187

 そしてそれぞれの章で書かれている、その内容は下記のようなものになります。


・「森永」片岡敏郎、「資生堂」土屋耕一、「英会話のジオス」岩崎俊一など、日本のトップコピーライターが作り出した、あの有名なコピーに共通するたった1つの要素とは。(テレビCM、新聞広告で何度も使われたあのキャッチフレーズの意外な共通点。それこそが実はコピーライティングにおける神髄でもあったのです。)


・テレビ・新聞・雑誌。これらに利用される広告コピーとインターネット上における広告コピーとの明確な違いとは。(インターネット市場の拡大こそがコピーライターという仕事の可能性を広げた事は言うまでもありません。そしてその「開かれた可能性」の明確な答えこそが、成約の取れるコピーを書く為の原則の1つと言えるです。)


・コピーライティング新時代、そこに求められているコピーライターとしての役割とは。(インターネットの普及によってもたらされたコピーライターとしての新時代。億を稼ぎ出すコピーライターが日々意識し、実現し続けている事があります。まずはそれをしっかりと理解してください。)


・コピーライティングを学ぶ事の価値とそれを裏付ける明確な理由とは。(まずはあなたがコピーライティングを学ぶという事に自らの時間を費やす、その価値をしっかりと自覚してください。)


・成約の取れるコピーと成約の取れないコピー、逆説する事でそれぞれに共通して述べる事が出来る6つの原則とは。(難題に思える「成約の取れるコピーを書く」という事は、実はこの6つの原則をクリアしていくだけで解決出来るという事です。)


・解り易い文章と解りにくい文章を分ける3つの構成要素。それを踏まえた解り易い文章を書いていく為の4つのポイントとは。(コピーライティングにおいて、解り易い文章を書いていく事はテクニック以前の大前提です。その構成要素とポイントをしっかりと身に付けてください。)


・文章を書く事自体が根本的に苦手な人でもスラスラと思った事を文章にしていく事が可能になる、あまりにも効果的であまりにも簡潔なたった1つの方法とは。(私も文章を書く事が本当に苦手でした。この方法はそんな私の悩みも一瞬で解決してくれた本当に効果的な方法です。)


・読み手が興味・関心を抱く2つの心理構成と、その心理を最も強く刺激することが出来る「棚上げの法則」とは。(実はこのセールスレターにもこの法則による要素がかなり強く反映されています。)


・文章で人を行動させる為に必要な「説得力」。その1つ1つの文章に強靭な程の説得力を備えさせる為に強めていく必要がある1つの要素とは。(決して「口調を強める」というような低レベルな話ではありません。説得力のある文章には必ず強く備わっている1つの要素があるという事です。)


・反応と行動を引き起こす脳作用。その原理を意図的に利用していくあまりにも効果的な2つの方法とは。(人間の脳には意識的な行動と反射などの無意識的な行動があります。その脳作用をたった1つの文章を介して意図的に利用していく効果的なテクニックがあるとしたら…)


・コピーライターが常に意識していかなければならない、人の心理原則の流れに沿った最も反応を生み出せるメッセージ構成とは。(人をを行動させ、成約へと導いていく為にこの心理原則とメッセージ構成の認識は必要不可欠です。)


・ 人の反応を感覚的に引き出すキーワード。そんな言葉を自由自在に作り出す為の7つのキーワードコンセプトとは。(これを知るだけで、そんなキーワードをまるで辞書を引くように自在に書き出していく事が可能になります。)


・多くの広告、セールスレターが気付かず犯している、イメージ画像の利用方法における「落とし穴」とその代償とは。(あなたの広告は大丈夫ですか?今すぐにでもその過ちに気付いてください。)


・ただ興味や関心を引くだけでは不十分。読み手を広告に「一点集中」させる為に付け加えるべきある要素とは。(読み手を広告だけに「一点集中」させる上で、この要素は何を差し置いても必要不可欠です。)


・ターゲットを広げる広告と絞り込む広告。あるたった1つの要素だけでこれらを自由自在に行っていく事が出来る極めて明確で戦略的な方法とは。(商品やサービスのニーズに合わせ、ターゲットの拡散と集中を切り替えていく極めて有効なテクニックです。)


・広告には「顔出し」が必要不可欠?そんなインターネット広告の一気に常識を覆えしてしまう多くの本当の真実。(あなたは広告上における「顔出し」が反応を上げると思っていませんか?多くの心理学研究が裏付けているその真実に一刻も早く気付いてください。)


・開かれた広告サイトを決して閉じさせる事無く、読み手を申し込みボタンへと引き込んでいく2つの演出とそれを作り出す為の7つのポイントとは。(この極めて重要なポイントは“15の事例”と共にその全てを公開しています。)


・文章1つで信用を勝ち取っていく為には必要不可欠な、読み手の共感と信用を作り出す為の4つのファクターとは。(それは決して難しい事ではありません。「誰から好かれる人」は例外なく誰もがこの4つのファクターを無意識的にこなしているからです。)


・あらゆる業界のトップセールスマンが意識的、無意識的に行っている、ほんの数分の会話から見込み客の信用を勝ち取っていく広告サイトにこそ応用できるその「説得の切り札」とは。(人から信用を勝ち取り、ものを売るという事についてはセールスも広告も全く同じであり、これはそんなトップセールスマンに習うライティングテクニックです。)


・行動心理学の名著書「影響力の武器」によるある心理学実験によっても実証されている、人が反射的に説得されてしまう、ある言葉の法則とは。(行動心理学の入門書としても推奨する人が多い「影響力の武器」。そこに書かれているある神学実験の結果はコピーライターとしては決して見過ごしてはいけない事実を示していたわけです。)


・「信用」は「共感」から生まれ「共感」は「理解」から生まれる。この心理プロセスを逆手に取った、自らの主張を誰もが当たり前に認識する常識であるかのように読み手の脳内に擦り込んでしまうライティングテクニックとは。(これは脳科学を真剣に学んだ彼特有のテクニックと言ってもいいかもしれません。まさに脳科学者、心理学者顔負けのライティングテクニックです。)


・多くの情報を与えすぎると人の脳は判断に迷ってしまう?この理論のある意味での「正しさ」と「間違い」を明確にする1つの法則とは。(この理論にはある意味での正解と間違いがあります。そしてこの法則はコピーライティングにおいては非常に重要なポイントの1つと言えます。)


・一方向からの一方的なメッセージでは無く、2面性のあるメッセージから合理的に読み手の信用を勝ち取っていく文章構成とは。(何故、多くのセールスコピーがろくな反応も生み出せない「独りよがりな主張」になってしまっているのか。その秘密がここで明らかになっています。)


・セールスの為のコピーに限らず、ビジネスそのものの根本的な原則とも言える「保証」についての明確な基準とは。(この「保証」についての原理原則を多くの提供者は全く理解していません。ここで価値のある保証とそうでは無い保障の明確な基準をしっかりと理解してください。)


・テレビCMに起用される好感度の高い芸能人。その事例が裏付けているある心理作用を効果的に利用していく方法とは。(芸能人にとって極めて重要なベクトルを占める「好感度」。それを裏付ける心理効果を広告に活かしていく極めて効果的なテクニックです。)


・商品の提供者や開発者の経歴や実績。それらの事実を有効に演出し、その全てを完全に信じ込ませてしまう“ライティングテクニック”とは。(実績画像やその記録などを見せるという事では無く、あくまでも文章1つでその全てを信用させる高等テクニックの全てがここで明かされています。)


・獲得する事の満足感と損失することの恐怖感。そんな“人間の幸福感度”を巧妙に利用した、悪用する事だけは絶対に許されない心理誘導の絶対法則とは。(念を押しますがこれは本当に悪用する事が許されない極めて効果的なテクニックです。あなたの道徳心を全面的に信頼し、その全ても公開します。)


・「押してもダメなら引いてみろ。」「北風と太陽。」これらの諺や童話を広告の反応へと作用させる為のある1つの前提条件とは。(この条件を満たさずして、引きのメッセージや太陽のような広告戦略は全く通用しません。コピーライターはまずそこに気付いておく必要があります。)


・興味本位で入った服屋さんでやたらと話しかけてくる店員。そんな“ウザい”売り込み行為を知らず知らずに行っている「成約の取れないコピーの原則」とは。(とくに情報商材のセールスコピーはこの原則にそのまま該当する「ウザいコピー」のオンパレードです。あなたはその過ちを犯さないようにしてください。)



・りんごは赤い、地球は大きい、盗みは悪い。こんな客観的な事実を利用して見込み顧客からYESを引き出してしまうテクニックとは。(このテクニックを利用された場合、私なら「ラーメンはおいしい」「パンクロックはかっこいい」こんな主張からでも「反応」を引き出されてしまうと思います。)


・日本の常識がまるで通用しない国へ運ばれた100人の日本人。その80人が取ったある行動に対し20人は…。この心理作用を利用した行動心理学の応用法とは。(この法則は日本人にはとくに大きな効果を発揮してしまう、国内向けのネット広告においては極めて有効なテクニックです。)


・進学塾のカリスマ講師に学ぶ、読み手の頭の引き出しに重要なポイントをごく自然に詰め込んでいくような、こちらの主張を思考に擦り込んでいく方法とは。(物事を教え、覚えさせる事に長けた人が無意識的に行っている、まさに「教育の場」から応用を効かせたライティングスキルです。)


・反応の取れないコピーが共通して「守る事が出来ていない」、読み手の購読心理を大きく左右するワンパーソンの法則とは。(情報商材のセールスコピーにおいては約半分以上がこの過ちを少なからず犯しています。「成約」を勝ち取っていきたいなら、この法則は必ず守らなければなりません。)


・肉厚ステーキとビール。そんな「食欲を掻き立てるフレーズ」を広告へと有効に結び付けていく生理的な欲求を刺激していく方法とは。(一見無関係な欲求を掻き立てるキーワードが何故、有効に左右してしまうのか。ここではそんな「マジック」のような交渉スキルの「種」が明かされています。)


・明日、食べる事もままならない貧困生活者と高層マンションの最上階に住む高額所得者。どちらにも共通した反応を引き出すある潜在的な欲求の刺激方法とは。(何故“対極な立場にある対象者達”へ同じレベルの影響を与える事が出来るのか。情報商材のコピーなどにはとくに有効なテクニックです。)


・決してただの「まとめ」で終わってはいけない。セールスレターの「追伸」における4つの原則とは。(これをしっかりと理解しているコピーライターは実は極めて少ないと思います。何故なら大半のセールスレターの追伸はこの原則を守れていないからです。)


・もしもその場で「決断」を引き出せず、広告を閉じられてしまっても時間の経過と共に改めて広告を開きたくなってしまう意図的に2つの心理を刺激しておくテクニックとは。(広告の理想はその場で決断させ、行動させる事です。しかし再び読み手を広告に引き付けられる仕掛けを施しておく事で再訪問率は格段に引き上げ、その積み重ねが安定した売上を生みだし続けます。)


・あなたがコピーライターとして着実な成功へのステップを駆け上がっていく為に、まず書いていくべきコピーの極めて重要な原則とは。(このステップは私も実際に踏んできたものになります。「成功」はその階段はそれを1つ1つ上がっていったところにあるという事です。)


・世界一の投資家ウォーレンバフェットの「投資の神髄」に学ぶ、投資ビジネスとコピーライティングに共通するあまりにも意外な「極めて重要な原則」とは。(何故、ウォーレンバフェットが世界一の大富豪になれたのか。この原則はその秘密を解き明かす最も的確な答えの1つではないかと思います。)


・卓越したコピーを書く必要も無く、人並みのコピーで異常なほどの成約を勝ち取れてしまう、それを実現するための押さえておくべきたった2つのポイントとは。(これは私の師匠が最も力を注ぎ、研ぎ澄ませたノウハウの1つです。そのポイントはわずか2つ。これを知るだけでもあなたはすぐに一流のライターへと近づく事が出来ます。)


・これまでのコピーライティング教材、書籍などでは触れる事の出来なかった“タブー”。その答えを解き明かす、全てのコピーライターの認識そのものを変えるほどの「最重要原則」とは。(仮にあなたがそれなりの実力を持ったコピーライターであるとしても、この原則には、ど肝を抜かれる事になると思います。この一節だけでも、その価値は全く持って計り知れません。)


・多くのコピーライターが偶然レベルでしか到達する事が出来ていない、成約率を左右する6つの構成パターンとその事例とは。(この構成原則は本当に重要です。いかにこれを無視しているコピーが多い事か、その事例を目の当たりにしていくと共に、あなたはそれを痛感していく事になると思います。)


・作成したコピー全てを「台無し」にしてしまい兼ねない。一切の妥協を許さずに絞り込まなければならない極めて重要なポイントとは。(懸命に書き綴ったコピー。それを決して無駄にしない為にも、このポイントは必ず押さえていくようにしてください。)


・人が何かの商品に手を取り、それを購入する際の2つの深層心理。その両側面を意識したコピーライターにおいて非常に重要な1つの判断要因とは。(この深層心理を無視してコピーを書く事は実質不可能です。反応の取れないコピーでいいなら幾らでも書く事は可能だと思いますが…)


・このセールスレターも決して例外では無い、それを前提としていくだけでコピーを作成していく作業効率が格段に上がるセールスレターを構成する4つのブロックとは。(セールスの為のメッセージは全部で4つのブロックに分類していく事が出来ます。これを理解するだけで「コピーの書き易さ」は劇的と変わるはずです。)


・1つのメッセージで3つの有効な効果を生み出す、3方向の視点で1つの物事を解説していくライティングテクニックとは。(興味を引き出し、信用を勝ち取り、行動を起こさせる。この3つの作用を同時に引き出す事が出来る非常に有効なテクニック)です。


・多くのコピーライターが少なからず捉われてしまっているセールスレターの長さ、文章量におけるたった1つの明確な答えとは。(長い方がいい、短い方がいい、そんな議論はおかしく思えてしまう余りにも明確過ぎる答えがここで明かされています。)


・一字一句、読み逃す事さえも許さない。そんなセールスレターを書き上げるためのある重要なポイントとは。(流し読みが当たり前とされるセールスレターをその文頭から釘づけにしてしまうためには、幾つかですが抑えるべきポイントがあったのです。)


・その全文を読み終えた頃には気が付くと申込みボタンを押してしまっている、そんな心理状況を意図的に作り出せてしまうセールスレターの構成テクニックとは。(セールスレターの構成、それがいかに重要であるかがわかります。)


・人間の心理を巧みに翻弄し自分にとって都合の良い常識を自在に植え付けてしまう、もはや洗脳の域にさえ達してしまうほどの文章を作り上げる方法とは。(これはあまりにも危険なノウハウです。ただこれを明かさずして彼のライティングテクニックを語る事は出来ません。)













[PR]
by kn1945 | 2017-08-10 14:39 | 稼ぐノウハウ

一人で稼ぐためのスキル